• TOPPAGE
  • 企業経営/ビジネス拡大支援
  • リレーションシップカウンセリング 経営者向け

企業経営/ビジネス拡大支援

リレーションシップカウンセリング 経営者向け

経営者は意思決定者/「経営」という仕事を実行する

経営者は企業における最終意志決定者であり最高責任者です。
もちろん、取締役会での決議や株主からの承認が必要となるものもあるでしょう。

しかし、経営者には「経営」という仕事を実行していく役割と責任があり、
それが組織で働く他のどんな存在・役割とも違う特異な部分です。

「経営」という仕事を全うするためには、自社と自社のビジネスを取り巻く社内外の様々な「周囲」との良好な関係を構築し、その関係をマネジメントしていくことが求められます。

リレーシンシップカウンセリングでは、経営者と関係する「周囲」とそれぞれとの「関係性」を、カウンセリングを通して顕在化させます。
そこでは、経営者自身が考えている「周囲」と「関係性」が、
本来あるべき「周囲」と「関係性」との間にギャップがあるのか?ないのか?
をしっかりと認識するところから始めます。

ギャップがなければ、自信を持ってリレーションシップマネジメントを実行し、状況の変化に合わせて関係性を
深めたり、見直しを行っていきます。

ギャップが見つかれば、それを解消する方法を考え、行動をとっていきます。周囲と何でどうやって関係を構築して
いくか?最善の関係構築をして、維持・進化していけるよう、継続的にカウンセリングを行っていきます。

リレーションシップカウンセリングの図

経営者の責任感と孤独感

多くの経営者は、「責任感」と「孤独感」といったことリアルに感じているのではないでしょうか。

特に、株主と社員といったある意味において矛盾するようなステークホルダー(利害関係者)
との距離感や処遇についても、同様の感覚をお持ちなのではないでしょうか?

また、クライアントの要求が社会正義になじまないものであった場合、
企業として、経営者としてどのように判断し、決断して行くのかは、
周囲との適切な関係を構築済みであれば、迷いが生じることはないはずです。

責任感や孤独感といった重圧をありのままにお話しいただき、
リレーションシップカウンセリングにより自社・自分と周囲との関係性を
再確認して、必要であれば関係性の改善を行っていきます。

株主やクライアントとの距離感、社員の処遇方法についても、
厳然たるスタイルが確立できるものと考えます。

経営者のONとOFF

経営者の「ON」とは、ビジネスにおける自己の立場や思考を指し、
「OFF」は、プライベートな自己やもともとの特質・性格の自分ということになります。

ビジネスにおいて発揮される個性と、もともとの自分との融合や使い分け。
こういった、立場や役割が違う自分自身との距離感を、
リレーションシップカウンセリングを通して認識することで、
上手に自分とつきあっていけるようになっていきます。

また、「社会的立場の自分」と「もともと持っている素の自分」との両面を、
リレーションシップカウンセリングを通して再確認することにより、
それぞれのビジネスシーンにおける周囲と関係を作る際に、
自分の伝え方・見せ方を、意識してコントロールできるようになります。

これも「周囲とのより良い関係を作り維持・進化させていく連続した行為=ブランディング」
を実践していく上で、重要な要素となります。

リレーションシップカウンセリングでは、こういった
「細かいことだけど積み上げていくことで重要になる要素」
を、丁寧に紐解き、積み重ねていき、経営者自身を通して、あなたの会社・ビジネスを
成長させていくお手伝いをしていきます。

リレーションシップカウンセリング:企業経営者 支援例

お申込み・お問い合わせのお客様には、正式お申込みの前に、1時間程度の事前面談を実施致します。
ご要望のヒアリングをさせて頂いたり、ご質問にお答えした上で、実施内容・金額・期間や、お申込みの有無を決めていただきます。

継続支援例
A 1回 3h × 2回 / 月 100,000円
B 1回 2h × 2回 / 月 75,000 円
C 1回 3h × 1回 / 月 60,000 円
D 1回 2h × 1回 / 月 45,000 円

※起業時支援の事例もございます。ご相談ください。

継続支援例(期間)

1ヶ月〜6ヶ月(以上) ※カウンセリング実施データをご参照ください

支援実績業種・職種

カウンセリング実施データをご参照ください

単発支援例(金額・税別)
1回2〜3h 55,000〜65,000円
半日〜1日集中 60,000円〜
カウンセリング開始までの流れ
  1. WEBサイト
    で内容確認
  2. お申込み
    お問合せ
  3. 事前面談
    • ご要望のヒアリング
    • 実施内容、期間、金額等の決定
    • お申込みの有無確認
  4. スタート