スタイルブランディング®コラム

【theory】PM理論

(2019/07/01)

*ここに記しているものは、私が影響を受けた理論・ノウハウ・古典といった【theory】と  
様々な人々の言葉・教訓【Phrase】を、備忘録代わりに記しているものであり、  
一般的にわかりやすく解説したものではないということをご了承ください
 株式会社スタイルブランディング® 平山正人

「PM理論(三隅二不二氏)」

リーダーのリーダーシップスタイル

P:Performance(目標達成機能)
M:Maintenance(維持・活性機能)

4つのタイプ

pm:成果を挙げられず組織や人にも関心が薄い
Pm:成果は上がるが組織や人には関心が薄い
pM:組織や人に関心は強いが成果が上がらない
PM:成果も上がっていて組織や人にも関心が強い

個人的な見解で、これを部下や自身のチーム、プロジェクトへの、
接し方に適用・応用が可能と判断。
相手やチームの状況をきちんと把握して、自身(リーダー)が、
どのようにどのように接することが、一番良いか?
どのような指示を与えたりすることが、一番良いか?
判断をする際のフレームとして活用可能。

以上